Autodesk Construction Cloud Logo
製品お客様ブログ製品について

設計

頭の中の設計意図をプロジェクトチームに明確に伝える

プロジェクト チームが場所や役割、プロジェクトの段階に関わらず情報を共有し、協調しながら設計を進めることができます。そのため正確かつ施工性に優れた設計が可能になり、結果の予想がしやくすくなります。

設計のオーサリング

最初の概念設計から最終的な施工図まで、適切な設計ツールを選ぶことは、設計プロセスだけでなくプロジェクト全体にとっての重要な判断となります。

Revit と AutoCAD は、設計のあらゆる場面で活躍する、包括的で使いやすいツールセットです。どちらも Autodesk Construction Cloud の機能と緊密に連携するため、プロジェクトのワークフローが効率的になります。

REVITAUTOCAD の詳細

設計コラボレーション

設計が何度も変更されると、最新の設計や変更内容の追跡が困難になります。情報が足りなかったり、設計が不正確だったり、設計意図が分かりにくかったりすると、コストのかかる情報提供依頼や変更指示の発生につながります。

設計者と建設業者が連携し、管理された環境でプロジェクト データを共有し、コラボレーションを円滑に実施することができれば、後工程に誤った情報が伝わってしまい手戻りや遅延が発生するようなこともなくなります。

抜群のパフォーマンスと使いやすさを誇る業界最先端のクラウド ソリューションで、プロジェクトが加速します。

プロジェクトのデータとワークフローをすべて連携させることで、プロジェクトのライフサイクル全体を通して効率よく意思決定できます。

クラウドのパワーを設計に活用

社内でも、複数の会社間でも。クラウドを介して安全かつリアルタイムに Revit モデルを共同作成できます。

設計中に施工可能性を検証

設計段階でモデルを調整し、変更管理しながら施工可能性における問題を洗い出すことができます。

プロジェクトのステークホルダーが早い段階から関わることが可能

コンセプトのシナリオをビューで共有し、モデルを操作したりマークアップを追加するなどして、設計プロセス中にフィードバックを収集できます。

&nbps;