Autodesk Construction Cloud Logo
製品お客様ブログ製品について

Build

現場とオフィスをつなげる、デジタル化された統合プロジェクト管理ワークフロー

プロジェクトの早期段階からコラボレーションを強化し、オフィスと現場で情報共有することで、チーム全体で変更内容を把握できます。透明性が得られ、情報の行き違いによる情報提供依頼(RFI)や変更申請、手戻りなどの発生が低減します。

プロジェクト管理

施工手順やコミュニケーション プロセス、標準規格などは、プロジェクトごとに異なる場合があります。また、複数のプロセスやソフトウェアを管理する場合、プロジェクトはさらに複雑になります。

プラットフォームを 1 つに統合すれば、プロセスがシンプルになり、情報提供依頼や提出物の管理などが効率化して業務がスムーズになります。

現場とのコラボレーション

図面やモデル、ドキュメントに誤りがあった場合、施工段階での手戻りや情報提供依頼、スケジュールの遅れなどが発生します。

オフィス、現場、移動中と、どこからでもプロジェクトに関する最新情報にアクセスできれば、チーム全体が 1 つにまとまります。ドキュメント、パンチ リスト、写真、作業指示書など、プロジェクト資料の一元管理が可能になります。

コスト管理

変更申請の追跡、サプライヤー契約の管理、予算全体への影響の可視化…と、プロジェクトのライフサイクル全体を通して施工コストを管理することは、簡単ではありません。

コストに関する情報を 1 つのプラットフォームに集約すれば、透明性が得られ、適切にコスト管理することが可能になります。

品質と安全性

施工の品質と安全性の管理は、最もコストがかかる要素にも関わらず見落とされがちです。事故やミスを追跡するだけでは何も変わりません。

プロジェクト チーム全体で、良い点も悪い点も気づいたことをすべて記録し、分析データを活用することで、事故を未然に防ぐことができます。

試運転

プロジェクトの最終段階では、設備などの資産をすべて設置してテストを行い、すべて運用可能な状態であるかどうかを確認します。この方法が標準化されていなければ、時間がかかってしまいます。

建物の引き渡し後、オーナーがすぐに運用を開始し、効率的に保守管理できるように、必要な現況データをすべて生成して納品することが可能になります。

抜群のパフォーマンスと使いやすさを誇る業界最先端のクラウド ソリューションで、プロジェクト業務が効率化します。

プロジェクトのデータとワークフローをすべて連携させることで、プロジェクトのライフサイクル全体を通して効率よく意思決定できます。

チーム全体で正確な情報を共有

プロジェクト管理者や現場担当者に向けてオンライン/オフラインの両方で設計情報を直接公開し、必要な情報を確実にチームと共有できます。

現場の関係者に BIM データを直接提供

BIM データにはモバイル デバイスからもアクセスできるため、現場の関係者が自信をもって判断を下すことが可能になり、施工の正確性が高まります。

入札の完了後すぐに施工プロセスを開始

Building Connected から PlanGrid へ入札ドキュメントを直接送信することで、現場チームがすぐに施工に取りかかれます。

BIM 360 と PlanGrid の間でデータを自動同期

オフィスと現場がつながります。各チームがそれぞれに好きなソフトウェアを使って作業しながらも最新情報を共有できます。

&nbps;